建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格申請、各種許可・認可、会社設立

建設業許可に関して、こんなお悩みありませんか?

 500万円以上の工事を請け負いたい

 

 元請業者から許可がないと発注できない言われた

 

 融資のために許可証が必要と言われた

 

 要件や必要書類など手続きのことがわかりにくい

 

 仕事が忙しくて、許可申請のための時間が取れない

 

 市町村の工事など、公共工事を請け負いたい

 

建設業許可と一言で行っても、申請者の状況・仕事内容・経歴などは皆さん違いますので、必要な資料や申請書類の内容などは、それぞれ違ってきます。

 

岩本行政書士事務所は、様々なケースの建設業許可申請を行ってまいりました。

 

まずは、「なぜ許可を取得したいか」「どんな工事をやってきて、今後どうしていきたいか」など、お聞かせ下さい。

 

経験と実績から得たノウハウで、あらゆる角度からアドバイスし、徹底的にサポートいたします!

詳しくはこちら

 

 

 



岩本行政書士事務所のサポート

相談は無料

お客様とお話する時間が、とても重要だと考えています。
会社の現状やご希望を理解することで、許可申請の方向性が決まり、問題の解決のヒントも見えてきます。
個々のケースに応じて、アドバイスいたします。
相談は無料ですので、いつでもお気軽にご相談ください。

証明書類の取得代行

お仕事が忙しくて、納税証明書などの証明書類を取る時間が無い時は、取得代行いたします。
登記されていないことの証明書についても、お申し付けください。

申請書類の作成・提出代行

申請書類はかなりボリュームがあります。
お客様との打合せや資料をもとに、当事務所が書類を作成・提出します。

営業所調査の立ち会い

建設業許可申請後に、県の調査員が、会社の実態を調査しに来ます。
調査の際は、行政書士が立ち会いますので、ご安心ください。

役所への対応

申請書類に関することは、当事務所が役所とやりとりします。

スケジュール管理

建設業許可の有効期限は5年です。5年は意外とあっという間ですので、許可が切れてしまうことが無いよう、更新手続のお知らせをいたします。
また、決算終了後の変更届・経審・指名願など、手続きが必要な時期が近づいてきたら、ご連絡させていただきます。

守秘義務

行政書士は守秘義務がありますので、ご安心ください。

建設業許可概要|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

500万円以上の建設工事(建築一式工事は1500万円以上または延べ面積150平方b以上)を請負うには、元請・下請、法人・個人を問わず、建設業の許可が必要となります。建設業許可は、建設工事の業種ごとに必要となります。また、知事・大臣許可、一般・特定許可の別があります。どの許可を取ればいいか?どうすれば...

≫続きを読む

許可の業種|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

建設業許可は、2つの一式工事と27の専門工事の合計29種類に区分しています。これまで、解体工事はとび・土工に含まれていましたが平成28年6月1日から、解体工事業が新設され、29業種になりました。業種建設業の業種建設工事の例示土木工事業総合的な企画、指導、調整のもとに土木工作物を建設する工事建築工事業...

≫続きを読む

許可を取得するには|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

許可の要件建設業の許可申請にあたって、次の要件を満たしていなければなりません。 経営業務の管理責任者がいること   経営経験がある者で一定の条件を満たしていなければなりません。 専任技術者がいること   営業所ごとに、一定の資格や実務経験を有する者を置かなければなりません。 請負契約に関して誠実性が...

≫続きを読む

許可取得後の手続き|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

許可取得後は、次の手続きがあります。標識を掲げる建設業許可を受けたら、必ずその事務所及び工事現場ごとに、公衆の見やすい場所に標識を掲げなければなりません。事務所に掲げる標識縦幅35cm以上、横幅40cm以上の大きさで、材質等は指定がありません。商号又は名称、代表者の氏名、一般・特定の別、許可を受けた...

≫続きを読む

建設業許可Q&A|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

建設業を営むには、必ず許可が必要でしょうか?軽微な工事のみを請け負う場合を除いて、許可が必要です。許可が必要のない軽微な工事とはこちら建築工事業(建築一式工事)の許可だけ取れば、建築関係の工事は何でも請け負うことができますか?いいえ。建築工事業の許可を持っていても、各専門工事の許可を持っていない場合...

≫続きを読む


ホーム 建設業許可 経営事項審査 事務所案内 ご依頼