建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格申請、各種許可・認可、会社設立、相続、遺言

産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物収集運搬業許可とは

産業廃棄物の収集運搬を他人から委託を受けて、業として行おうとする者は、業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の許可を受けなければなりません。

 

また、収集運搬業の許可は、産業廃棄物を積む場所を管理する都道府県知事と、産業廃棄物を降ろす場所を管轄する都道府県知事両方の許可が必要です。
例えば、福岡県内で産業廃棄物を収集して、大分県の処分場に降ろす場合、福岡県と大分県の許可を持っていないといけません。

 

有効期限

許可の有効期限は5年間です。
許可満了後も継続して業を行うには更新の手続が必要となります。必要な書類作成等は、会社の状況や取り扱う産業廃棄物の種類等により異なる事があり、各自治体によっても対応の違いがあり、大変複雑です。

詳しくはこちら

 

 

 

 



産業廃棄物収集運搬業許可|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所記事一覧

収集運搬業の許可を取得するには|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

収集運搬業の許可は、産業廃棄物を積む場所を管理する都道府県知事と、産業廃棄物を降ろす場所を管轄する都道府県知事両方の許可が必要です。A県の許可のみが必要A県とB県両方の許可が必要A県の許可のみが必要A県とB県両方の許可が必要許可要件産業廃棄物収集運搬業(積み替え保管を除く)の許可を受けるには、次のの...

≫続きを読む

欠格要件|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

次の事項に該当する者は、許可を受けることができません。1.成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの2.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しないもの3.廃棄物処理法、浄化槽法その他生活環境の保全を目的とする法令で政令で定めるもの(...

≫続きを読む

講習会|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

許可に際し、申請者は産業廃棄物処理業についての知識・技能を有することが要件とされています。そのため、財団法人産業廃棄物処理振興センターが実施する産業廃棄物又は特別管理産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会を受講し修了証の交付を受けることが必要です。更新の際も、必要となりますので、講習の有効期限に注...

≫続きを読む

建設工事から生ずる廃棄物|福岡県行橋市の岩本行政書士事務所

建設工事に伴い生ずる廃棄物は、   @廃棄物の発生場所が一定しない。   A発生量が膨大である。   B廃棄物の種類が多様であり、混合状態で排出される場合が多いが、    的確に分別すれば再生利用が可能なものも多い。   C廃棄物を取り扱う者が多数存在する。という特殊性があるため、環境省より「建設廃...

≫続きを読む


ホーム 建設業許可 経営事項審査 事務所案内 ご依頼