建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格申請、各種許可・認可、会社設立、相続、遺言

遺言書は、残された大切な方のためのメッセージ

遺言書には、次のような効果があります。

相続人同士のトラブルを防げます

遺言が無ければ、相続人の間で話し合いをして、財産を分けます。
どんな財産があるかを調べて、誰がどの割合で相続するかを決めるのは、非常に大変です。
相続は複雑な感情の問題が多く絡みますので、円満に解決できない場合が多々あります。
相続の問題がきっかけで、親族の関係が疎遠になってしまったという方も多くいらっしゃいます。
遺言書があれば、そのような相続人同士の揉め事を防げます。

あなたの意思を反映することができます

一生懸命築いた大切な財産ですから、誰に受け継いでほしいという思いがあると思います。
遺言書によって、家と田は誰に、この土地は誰に、預貯金はどの割合でなど、ご自身で決めることができます。。

遺族の相続手続の負担を軽減することができます

遺言書が無い場合は、遺産分割協議の結果を遺産分割協議書にして全員の印鑑が必要であったり
銀行などの所定の用紙に、全員の署名押印を貰わないといけなかったりで
なかなかスムーズに進まないことが多いです。
遺言書があれば、遺産分割協議が不要になり、手続きがスムーズです。

相続人以外にも財産を譲ることができます

相続人がいない場合、法定相続人以外でお世話になった人に財産を譲りたい場合には、遺言書を作成する必要があります。

こんな場合は、遺言作成をおすすめします

特に、次のような場合には、遺言作成の必要性が高いです。

 誰に何を譲りたいか決めている場合

 

 子供がいない場合

 

 再婚し、前妻・前夫との間に子供がいる場合

 

 配偶者が入籍していない場合

 

 個人事業や農業経営等を継いでほしい人がいる場合

 

 法定相続人がいない場合

 

 法定相続人以外の人に財産を譲りたい場合   など

 

関連ページ

遺言書を作るには
行橋市役所近くの女性行政書士・岩本行政書士事務所です。建設業許可・経営事項審査(経審)を中心に、産業廃棄物許可等の各種許認可申請、会社設立や相続・遺言などの手続を行っています。福岡県・大分県対応。

ホーム 建設業許可 経営事項審査 事務所案内 ご依頼