建設業許可、経営事項審査(経審)、入札参加資格申請、各種許可・認可、会社設立、相続、遺言

遺言の方式

遺言は、厳格な方式が定められています。
その方式は、「普通方式」と「特別方式」があり、通常は「普通方式」によります。
「普通方式」には、【自筆証書遺言】【公正証書遺言】【秘密証書遺言】の3種類があります。

 

方法

長所

短所

自筆証書遺言

決まった方式に従って
ご自身で書く。

・費用がかからない
・誰にも知られず作れる
・いつでも気軽に作り直せる

・紛失、改ざんのおそれ有り
・不備があれば、無効になる
・家庭裁判所の検認が必要
・相続手続きの際、時間と手間がかかる

公正証書遺言 公証役場で、公正証書として作成。

・紛失、改ざんのおそれ無し
・不備で無効になることが無い
・家庭裁判所の検認不要
・相続手続きがスムーズにできる

・費用がかかる
・証人2人必要

秘密証書遺言 遺言の内容を秘密にしたまま、公証役場で遺言の存在のみを証明。

・遺言の存在は秘密にできないが
 遺言の内容は秘密にできる

・紛失、改ざんのおそれ有り
・不備があれば、無効になる
・家庭裁判所の検認が必要
・相続手続きの際、時間と手間がかかる

 

 

簡単・安心・確実な公正証書遺言

遺言者が公証人の面前で遺言の内容を口授し、それに基づいて公証人が遺言者の真意を正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成するものです。

 

公正証書遺言にすると、費用はかかり、証人2人以上の立会が必要ですが、次のような大きなメリットがあります。

 形式の不備で無効になることはありません。

 

 公証役場に保管されるため、紛失、改ざんの危険がありません。

 

 病気などで読み書きができない状態でも遺言の作成ができます。

 

 裁判所の検認手続きが不要なので、相続人の費用や負担を軽減できます。

 

 遺言の内容が実行される時、手続きがスムーズに進められます。

 

 簡単に安全で確実な遺言の作成を専門家がサポートします。

 

当事務所では、安心で確実な 公正証書遺言をお勧めします

 

当事務所では、お客様のご希望や状況を把握したうえで、思いを伝える遺言作成を、心をこめてサポートいたします。
関係者は証人になれませんので、証人2人がいない場合は、当事務所でご用意いたします。

 

行政書士には、守秘義務がございますので、相談内容を業務と無関係に漏らす事はありません。
安心してお気軽にご相談ください。

関連ページ

遺言
行橋市役所近くの女性行政書士・岩本行政書士事務所です。建設業許可・経営事項審査(経審)を中心に、産業廃棄物許可等の各種許認可申請、会社設立や相続・遺言などの手続を行っています。福岡県・大分県対応。

ホーム 建設業許可 経営事項審査 事務所案内 ご依頼